小説上杉鷹山

集英社文庫

童門冬二

1996年12月31日

集英社

1,375円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

九州の小藩からわずか十七歳で名門・上杉家の養子に入り、出羽・米沢の藩主となった治憲(後の鷹山)は、破滅の危機にあった藩政を建て直すべく、直ちに改革に乗り出す。-高邁な理想に燃え、すぐれた実践能力と人を思いやる心で、家臣や領民の信頼を集めていった経世家・上杉鷹山の感動の生涯を描いた長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.67

読みたい

13

未読

8

読書中

3

既読

35

未指定

50

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください