蒼范の海

集英社文庫

豊田穣

1989年7月18日

集英社

630円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

暗殺の恐怖をも顧りみず、軍の強硬派や国内の猛反対を押しきってまで、何故、ワシントン軍縮条約の締結へ導いたのか。日清・日露戦争に砲術長、参謀長として参加、後、海軍大臣、総理を務めシベリア撤兵、陸軍軍縮さらには財政再建、物価安定まで取り組んだ加藤友三郎の生涯を活写する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください