遙かなる水の音

村山由佳

2009年11月30日

集英社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

パリで、ひとりの青年が死んだ。最期をともに過ごした同居人は、ゲイの中年フランス人だった。青年の遺言は、「遺灰をサハラにまく」こと。フランス、スペイン、モロッコー。青年の姉、友人のカップル、同居人のグループは、様々な思いを抱えたまま、遺言を叶える旅に出るが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.5

読みたい

4

未読

3

読書中

0

既読

24

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください