炎天の雪(上)

諸田玲子

2010年8月31日

集英社

2,090円(税込)

小説・エッセイ

息子の当吉と親子三人ひっそりと暮している与左衛門と多美。そんな生活に波が立ち始めたのは、佐七が出牢してからだ。佐七は加賀騒動で失脚した大槻伝蔵が慈しんだ「たみ」を捜し、配流された遺児たちの救出を心に誓っていた。大槻残党に異様にくみしていく与左衛門だが…。駆け落ちをして夫婦になった細工人の白銀屋与左衛門と武家の娘、多美。そして加賀騒動の生き残り鳥屋佐七。宝暦の世、苛酷な運命に巻き込まれた男と女の、熱く激しく切ない物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください