アポロンの嘲笑

中山七里

2014年9月30日

集英社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

“管内に殺人事件発生”の報が飛び込んできたのは、東日本大震災から五日目のことだった。被害者は原発作業員の金城純一。被疑者の加瀬邦彦は口論の末、純一を刺したのだという。福島県石川警察署刑事課の仁科係長は邦彦の移送を担うが、余震が起きた混乱に乗じて逃げられてしまう。彼には、命を懸けても守り抜きたいものがあったー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(19

starstarstar
star
3.52

読みたい

3

未読

8

読書中

0

既読

129

未指定

71

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

taboke

(無題)

starstar 2.0 2023年06月11日

スリリング、展開もよく、細い描写なのに読みやすいのはもはやマジック。安定の面白さと読もやすさはさすがの中山七里氏です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください