燕は戻ってこない

桐野 夏生

2022年3月4日

集英社

2,090円(税込)

小説・エッセイ

北海道での介護職を辞し憧れの東京で病院事務の仕事に就くも、非正規雇用ゆえに困窮を極め、未知の「生殖医療ビジネス」に誘われる29歳女性・リキ。バレエ界の「サラブレッド」としてキャリアを積み、自らの遺伝子を受け継ぐ子の誕生を熱望する43歳男性・基。その妻で、不育症と卵子の老化により妊娠を諦めざるを得ず、「代理母出産」という選択をやむなく受け入れる44歳女性・悠子。それぞれのままならぬ現実と欲望が錯綜する、ノンストップ・ディストピア小説!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(15

starstarstar
star
3.57

読みたい

23

未読

7

読書中

1

既読

44

未指定

37

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

代理する女と代理される女。その「割り切れない」心を、桐野夏生はまっすぐ容赦なく描く。阿らず加担せず冷徹に。

--
0
2022年03月07日

みんなのレビュー (1)

バッハ

🐶東京は現在進行形❢

starstarstarstarstar 5.0 2022年03月11日

📝この人の紡ぐ物語は「怖いもの見たさ」で読む。 「りりこ」は作者の投影のような気がする。とても好ましい。 「去勢しても虚勢を張る。オスはオス」 ダジャレを思いついたら書いてしまいたい、そんな茶目っ気が可愛いような、と言ったら失礼か。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください