エデンの園

ア-ネスト・ヘミングウェイ / 沼沢洽治

1988年12月23日

集英社

1,751円(税込)

小説・エッセイ

舞台は1920年代半ば、南フランスのローヌ河河口の小さな町に、作家のディヴィッドと富裕な女キャスリンのボーン夫妻が新婚旅行に訪れ、滞在していた。泳ぎ、食べ、飲み、眠り、濃密な愛をかわすうちに日を送るふたりの前に、マリータという名の美女があらわれた。その日から、三人に愛と不安がはぐくまれ、奇妙な三角関係が生まれた。本書は、文豪ヘミングウェイが新たな地平を切り拓こうと試みた最後の作品である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください