フランドルの呪画(のろいえ)

アルトゥ-ロ・ペレス・レベルテ / 佐宗鈴夫

1995年10月31日

集英社

2,669円(税込)

小説・エッセイ

絵画の女性修復家フリアは、15世紀フランドルの画家の作品「チェスの勝負」の修復を依頼された。X線でその絵を撮影してみると、ラテン語の隠し文字が浮かびあがる。「誰ガ騎士ヲ殺害シタノカ」チェスに興じる公爵と騎士、それを見守る公爵夫人を描いたこの絵、調べてみると騎士は1469年不可解な死を遂げていた。さらに画面のチェス盤を読むと、恐るべき事実が。そしてフリアの周囲では殺人事件が次々と起こり、自身も…。15世紀の騎士暗殺の謎が名画のなかで今、甦る。スペイン発、ヨーロッパ、アメリカで200万部突破。世界的ベストセラー。知のミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

7

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

M

(無題)

starstar
star
2.5 2019年03月25日

アルトゥーロ・ペレス・レベルテ『フランドルの呪画』 15世紀に描かれた絵画“チェスの勝負”その絵の下の隠し文字〔誰が騎士を殺したか〕絵画に込められた謎と不可解な殺人の真相に迫るのは、女性修復士と古美術商、そして天才チェスプレイヤーの3人。タイトル、表紙、世界観、すべて好き。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください