永遠の出口

森絵都

2003年3月31日

集英社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

あの頃の私、“永遠”という響きにめっぽう弱かった。青々とした10代。翔けぬけた少女の季節は、想い出がいっぱい。『カラフル』の感動から5年。初めて描く“大人への物語”。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstar
star
2.8

読みたい

8

未読

3

読書中

0

既読

55

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

star
star
1.3 2018年11月23日

紀子の小学生から高校生までの9年間を描いたもの。10代のO型女子の心のうちってこんなもんか。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください