文明怪化

完四郎広目手控

高橋克彦

2007年8月10日

集英社

1,870円(税込)

小説・エッセイ

明治7年。今日は牛鍋、明日は清国料理…。すっかり羽振りのいい仮名垣魯文の前にあの男が帰ってきた。絵師芳幾、芳年の描く新聞錦絵は、庶民が起こしたスキャンダラスな事件を世間に広く伝えている。そこに透けて見えるのは、時代のうねりの中で急激な変化に軋む日本…。完四郎はどう動く?広目屋、文明開化編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください