十津川警部 九州観光列車の罠

十津川警部シリーズ

西村 京太郎

2018年3月5日

集英社

924円(税込)

小説・エッセイ / 新書

大物政治家小西栄太郎70歳が、連続少女殺人の容疑で逮捕された。愛人の手紙が、小西のアリバイを崩す重要証拠となった。この事件を解決した亀井刑事はご褒美休暇をとり、息子の健一と長崎から観光列車「或る列車」に乗りこむ。だが、終着駅の佐世保に着いたとき、健一が消えていた。誘拐犯は、亀井刑事に証拠の手紙を要求。亀井は息子を探すため、辞表を出して姿を晦ますが…。相棒の窮地を救うべく、凶悪犯に立ち向かう十津川警部の活躍!JR九州の豪華観光列車を舞台に描く旅情ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください