強力伝

二十世紀最後の職人の魂

P+D BOOKS

新田 次郎

2019年3月7日

小学館

605円(税込)

小説・エッセイ

男はなぜ180kgもある巨石を背負って白馬山頂を目指したのかー?徹底的な取材に基づいて実在の人物像に迫り、この無謀な計画がもたらした悲劇と男の友情を描いて“山岳小説の白眉”と称された著者処女作「強力伝」(第34回直木賞受賞作)。ほかに、極寒の富士山に挑む気象観測官の物語「凍傷」に加え、「春富士遭難」「殉職」「新雪なだれ」と、いずれも富士山を舞台に過酷な自然と闘う人間の壮絶なドラマを描く4作品で構成された「新田次郎山岳小説・傑作選」。登山家・今井通子氏による1995年当時の解説も再収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください