模倣犯(上)

宮部 みゆき

2001年3月21日

小学館

2,090円(税込)

小説・エッセイ

公園のゴミ箱から発見された女性の右腕。それは「人間狩り」という快楽に憑かれた犯人からの宣戦布告だった。直木賞受賞作『理由』以来三年ぶりの現代ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(30

starstarstarstar
star
4.04

読みたい

14

未読

12

読書中

7

既読

284

未指定

158

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

もこりゅう

ある日突然、破壊される人生

starstarstarstarstar 5.0 2023年10月21日

上)直木賞受賞作『理由』以来 三年ぶりに放つ現代ミステリー 公園のゴミ箱から発見された女性の右腕。それは「人間狩り」という快楽に憑かれた犯人からの宣戦布告だった―。 ある日突然、破壊される人生 下)あまりに切ない結末!魂を抉る驚愕と感動の三千五百五十一枚 炎上しながら谷底へ落ちていく一台の車。事故死した男の自宅には、数々の「殺人の記録」が。事件を操る真犯人の正体は…!? まやかしの希望は、絶望よりも邪悪である (帯より引用) 映画化で話題なので先に読んでしまいました。評判どおりすばらしい作品。有馬と犯人のやり取りや、途中で犯人側の視点になり、その後また入れ替わるといった手法も目新しいわけではないがよかった。様々な人間の絡み合いまくる人生には一見の価値ありかも。また、最後にはあっけない幕切れと、切ない結末がまっているのであった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください