なぎさの媚薬(4)

重松清

2007年6月4日

小学館

1,650円(税込)

小説・エッセイ

無垢な少女・なぎさの姿に自分の夢を重ねた女、レイコ。キャリアを積んで生きるレイコを実の姉のように慕ったなぎさ。ふたりが渋谷で“死の解逅”を果たした時、その伝説は始まったー。なぎさの秘密がいま、明かされる。『なぎさの媚薬』シリーズ、感動の完結編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

5

未指定

2

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstar
3.0
0
2020年01月16日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください