始祖鳥記

飯嶋和一

2000年2月29日

小学館

1,870円(税込)

小説・エッセイ

ひたむきにおのれを生きた世界最初の“鳥人”備前屋幸吉!空前の凶作、貧困で、人心が絶望に打ちひしがれた暗黒の天明期、大空を飛ぶことにおのれのすべてを賭けた男がいた。その“鳥人”幸吉の生きざまに人々は奮い立ち、腐りきった公儀幕府の悪政に敢然と立ち向かった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

9

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

もこりゅう

暗黒の天明期、大空を飛ぶことにおのれのすべてを賭けた男がいた。

starstarstarstar 4.0 2023年10月21日

迷わず、おのれを生きることです。 空前の凶作、貧困で、人心が絶望に打ちひしがれた暗黒の天明期、大空を飛ぶことにおのれのすべてを賭けた男がいた。 その”鳥人”幸吉の生きざまに人々は奮い立ち、腐りきった公儀幕府の悪性に敢然と立ち向かった。(帯より引用) 最初の方は少し盛り上がらず読むのが間延びしてしまったが、中、後半は一気に読んでしまった。幸吉の飛行から、塩の流通改革へとつながり、当時の風俗も事細かに書き込まれていて勉強にもなる一冊である。また、出てくる人々の生き方もかっこよい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください