十津川警部さらば越前海岸

西村京太郎

2012年4月30日

小学館

900円(税込)

小説・エッセイ

東尋坊や越前岬、そして永平寺など、福井県は、自然と文化の名勝を兼ね備えた地である。4月初め、芦原温泉の老舗旅館に投宿した一人の男がいた。男の名は早川啓介。人型ロボットの研究開発では最先端をゆく昭和精密機械の社員であり、完成間近の新型ロボットの開発チームのリーダーでもあった。その早川が、越前の海に水死体で浮かんだ。宿の部屋には「ダメだ、ダメだ」と書いた手紙を残していた。地元の警察はそれを遺書とみて自殺と断定する。息子の死を自殺だとは信じられない父親の早川雄介は、独自に調べ始めた。相前後して、新型ロボットのデザインを請け負っていたデザイン工房ジャパンの北川愛の飛び降り死体が、浅草で発見される。こちらにも遺書めいたメモが残されていた。捜査に乗り出した十津川チームが、聞き込み捜査を重ねるにつれ、疑問が深まっていく。十津川の培われた捜査魂が、最先端科学の結晶人型ロボット開発競争の闇に斬り込む。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください