大江戸恐龍伝(第4巻)

夢枕獏

2013年12月31日

小学館

1,870円(税込)

小説・エッセイ

大嵐の中、命がけの航海の末に、やっと辿り着いた謎の島。上陸したその夜、源内たちは、突然巨大な恐龍に襲われる!龍に襲われたり、目蓋を切りとられた男が流れ着いたり。ここは本当に黄金の島ニルヤカナヤなのかー島の探索中に、源内は樊という女を助けるのだが樊は、なぜかお吟に生き写しだった!?やがて、島の領土を巡って敵対する方丈国と瀛州国の抗争にも巻き込まれていく源内。源内とゑれき丸は、庄九郎を見つけ出し、黄金を積んで無事江戸へ帰れるのか!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

34

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください