逆説の日本史2 古代怨霊編(小学館文庫)

聖徳太子の称号の謎

井沢 元彦

1998年3月1日

小学館

722円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

なぜ聖徳太子に「徳」という称号が贈られたのか?『日本書紀』は天武天皇の正体を隠すために編集された。奈良の大仏は怨霊鎮魂のためのハイテク装置だった…など日本人の「徳」の思想と怨霊信仰のメカニズムを解明する衝撃の推理。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.2

読みたい

3

未読

4

読書中

0

既読

42

未指定

46

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

徳の言霊

starstarstar
star
3.9 2020年08月22日

聖徳太子の「日出処の天子、書を日没する処の天子に到す」って、外交知らずで片付けているが、個人的には中国に対するタイマン、独立宣言であって欲しいと思っています。 あと、壬申の乱は易姓革命で天智天皇=殷の紂王、天武天皇=周の武王、彼らは兄弟ではなかったというなら、額田王と中大兄皇子、大海人皇子の歴史的な三角関係はどうなんだろうと疑問に思ってしまいました。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください