辺城浪子(1)

小学館文庫

古竜 / 岡崎由美

1999年7月31日

小学館

701円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

天は黄沙に連なり、黄沙は天に連なる荒野の辺城に面妖な浪子たちがたむろしていた。いずれ劣らぬ凶状持ちのなかで、風沙に転がされて萎れた菊を胸に挿した葉開は、ひとりの男に目を奪われた。黒ずくめの衣装に漆黒の刀剣を身につけた剣客。だが、その名は傅紅雪といって、「俺が死んだら棺を買え」とありあまる宿代をはずんだ。殺気を秘めて、そんな荒くれたちが武芸猛者の砦『関東万馬堂』に招かれた夜、殺戮の嵐が始まった。酷薄な古龍節が流れる、チャイニーズ・ウエスタン。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください