あのロシアスパイ武官はこう接触してきた

小学館文庫

白水和憲

2000年12月31日

小学館

523円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

スパイ天国ニッポンのお粗末さをまたも露呈した、海上自衛隊三佐による、駐日ロシア武官への秘密漏えい事件。しかし、その「ボガチョンコフ武官」は、ソ連崩壊前夜の1990年に最初の日本赴任を果たしていた。当時から、情報交換と称してジャーナリストである著者に接近してきた、ボガチョンコフ。「赤い帝国」の諜報機関員としての使命を秘め、にこやかな紳士の仮面をかぶって現れたその素顔と行動を、詳細にリポート。同時に、冷戦終結後も繰り広げられている、国際諜報戦の実相に迫り、あらためて日本の国益とは何かを問い直す、迫真のノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください