十九歳の地図/蛇淫他

中上健次選集 11

小学館文庫

中上健次

2000年5月31日

小学館

806円(税込)

小説・エッセイ / 旅行・留学・アウトドア / 文庫

予備校生のノートに記された地図と、そこに書き込まれていく×印ー。都会に生きる若者の孤独と焦燥、支配への欲望と暴力の衝動を、若々しい筆致で描き出し、作家・中上健次の存在を強烈に印象づけた初期代表作「十九歳の地図」。南紀の幽暗な風土を背景に、無軌道で荒々しい男の生を描き、“親殺し”のテーマを扱った衝撃の珠玉作「蛇淫」。ともに映画化された表題二作の他、文壇デビューを飾った処女作「一番はじめの出来事」をはじめ、「鳩どもの家」「浄徳寺ツアー」「水の女」の四篇を収録。作家の軌跡を辿る厳選の初期傑作集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください