魔術師(下)

三原脩と西鉄ライオンズ

小学館文庫

立石泰則

2005年5月31日

小学館

722円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 文庫

「三年連続日本一」-名投手稲尾和久を擁した西鉄ライオンズは、三連敗のあと奇跡の四連勝で宿敵巨人軍を倒した。しかし三原は、日本一の座に慢心するフロントに不信を抱きはじめていた。そして翌年、セ・リーグの大洋ホエールズ監督に就任。万年最下位の大洋をリーグ初優勝に導く。だが、そこも三原の安住の地にはなり得なかった。近鉄へ、ヤクルトへ。そして日本ハムでは球界出身者として初めて球団代表の座に就く…。三原の欲したものーそれは野球の本質を理解し、愛し、真にファンに望まれる球団経営だった。今も昔も日本球界の問題点は変わっていない。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください