共震

相場 英雄

2016年3月8日

小学館

759円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大和新聞東京本社の遊軍記者である宮沢賢一郎は、東日本大震災後、志願して東北総局に復帰した。コラム「ここで生きる」を立ち上げ、沿岸被災地の取材を続ける宮沢のもとに、東松島市の仮設住宅で他殺死体が発見されたとの一報が入る。被害者の早坂順也は、宮城県庁震災復興企画部の特命課長。県の枠を飛び越えて復興に尽力してきた人物だった。早坂は亡くなる直前まで、各被災地の避難所の名簿を照合していたという。これは、本当にフィクションなのか?現代日本の黙示録『震える牛』『ガラパゴス』の著者が全霊を注いだ、鎮魂と慟哭の社会派ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.76

読みたい

6

未読

12

読書中

2

既読

48

未指定

55

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

相場英雄「共震」

--
0
2019年12月01日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください