こんなにも優しい、世界の終わりかた

市川 拓司

2016年5月7日

小学館

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

どうやら世界は本当に終わりを迎えるらしいー。突然、世界が鉛色の厚い雲に覆われた。空から青い光が注がれた町は、人も獣も鳥も木も、なにもかもが動きを止めてしまう。ぼくは、離れ離れになってしまった雪乃に会うため、危険な旅に出る。十年前、鉄塔の下で出会った彼女と初めて見た夕焼けを思い出しながら…。『いま、会いにゆきます』『恋愛寫眞 もうひとつの物語』『そのときは彼によろしく』と、立て続けに爆発的ベストセラーを発表してきた市川拓司が、震災後久々に書き下ろした傑作恋愛小説、待望の文庫版!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstar
star
2.64

読みたい

21

未読

9

読書中

3

既読

51

未指定

36

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ちんくる

 

starstarstarstar 4.0 2020年05月26日

設定はちょっと子供っぽいけど、市川拓司らしい世界観。市川拓司に慣れてから読むといい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください