DASPA 吉良大介

榎本 憲男

2020年7月7日

小学館

902円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

DASPA-国家防衛安全保障会議。テロをはじめ国家の非常事態に的確に対応するため、内閣府に設置された各省庁からの選抜精鋭チーム。吉良大介ー警察庁警備局出身、要となるインテリジェンス班サブチェアマンに抜擢されたキャリア官僚。「日本をバージョンアップする」が口癖の長身イケメンのこの男、仕事はできるが女性に弱い。DASPAのスタートを目前に控えた日、中目黒のマンションでひとりの白人男性が毒殺された。その目的は?背後で蠢くものとは?人気シリーズ『巡査長 真行寺弘道』とリンクする著者渾身の痛快エンターテインメント小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.23

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

10

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください