書くインタビュー(4)

佐藤 正午

2021年9月7日

小学館

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

書き下ろし長編『月の満ち欠け』が、第一五七回直木賞候補にノミネートした。ところがインタビューでは、このニュースがまったく話題にのぼらない。しびれを切らした作家から回答メールが届いたのは、直木賞の選考会が行われるまさに当日だったー。受賞会見で抱いた本音はもちろんのこと、「文学上の引きこもり」を自認する作家が名だたる文士たちと遭遇し(?)、聞き手と「なりすましメール」を送り合い、さらには作家の盛田隆二さんをゲストに迎えて濃密な小説談義をくり広げるなど、話題たっぷりの往復メール集。“書く”からこそ明かされる小説名人の胸の内。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください