蟲愛づる姫君 王子は暁に旅立つ

宮野美嘉 / 碧 風羽

2021年12月7日

小学館

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

毒蟲を溺愛する妻ーをこよなく愛する魁国の国王・楊鍠牙は、ある朝目覚めるとなぜか十代の少年の姿になっていた。一晩で十六歳も若返り、ぴちぴちの十七歳の姿となった鍠牙は、記憶まで当時のものに逆行したために、玲琳を見ても自分の妻だとは認識できない。どうやら何者かの蠱術で時を奪われたようだ。「十七歳の頃、鍠牙様はグレておられました」側近の証言どおり、自らの黒歴史ど真ん中に戻った国王陛下は人生二度目の反抗期に突入。一方玲琳は、解蠱できない術はないと豪語し、蠱師のプライドにかけて夫の呪いを解こうと奔走するが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

6

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください