100回泣くこと〔小学館文庫〕

中村 航

2007年11月30日

小学館

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」といわれる。ブックは、僕の2ストのバイクが吐き出すエンジン音が何より大好きだった。四年近く乗っていなかったバイク。彼女と一緒にキャブレターを分解し、そこで、僕は彼女に「結婚しよう」と告げる。彼女は、一年間(結婚の)練習をしよう、といってくれた。愛犬も一命を取り留めた。ブックの回復→バイク修理→プロポーズ。幸せの連続線はどこまでも続くんだ、と思っていた。ずっとずっと続くんだと思っていたー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(20

starstarstar
star
3.67

読みたい

12

未読

40

読書中

7

既読

218

未指定

245

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

結婚予定の彼女があっけなく亡くなる話

starstarstar 3.0 2023年08月15日

大事な人を失った後、どのように生きるか考えさせられた。文章はよい、あじがある。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください