微熱の街

小学館文庫

鳴海章

2010年8月10日

小学館

806円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

四十も半ばを過ぎて自前の組が持てないヤクザ、寺多政道、通称テラマサ。そんな俺のもとに八歳の子供が転がり込んでくる。途端にトカレフを持った連中に襲われ、その子をかくまったゲイバーのタミィとその家族が惨殺されてしまった。そして子供は行方不明になり、警視庁公安部外事課が登場する。俺には、子供の母親の目星がついたが、父親の正体まではわからなかった。外事が関わったこの暴力は、さらにエスカレートしていく。なぜ、たび重なる暴力に晒されるのか。背後には誰がいるのか。しがないヤクザが、子供を連れ去り仲間を葬った奴らに、最後の闘いを挑む。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください