人は、永遠に輝く星にはなれない

小学館文庫

山田宗樹

2011年2月9日

小学館

701円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

医療ソーシャルワーカーの猪口千夏は、四十一歳。総合病院の医療相談室を独りで担当している。頚髄を損傷して自暴自棄からリハビリを拒否する男性患者や、突然のガン宣告を受けて、訪れた独身のキャリアウーマン。そして、意識障害を起こし錯乱状態になって入院してきた八十七歳の西原寛治が新たなクライアントとしてやってくる。千夏の尽力により、太平洋戦争のコタバル上陸作戦で共に戦った戦友の宮地と、西原は会うことになったのだが…。クライアントに真摯に向き合う医療ソーシャルワーカーの姿を通して、人間の生老病死を鮮烈に描いた長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください