残される者たちへ

小学館文庫

小路幸也

2011年10月31日

小学館

722円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

デザイン事務所を経営する川方準一のもとに、方野葉小学校同窓会の通知が届いた。廃校になった方野葉小学校は、方野葉団地の敷地内にあった。その会場で、準一は幹事の押田明人に声をかけられる。親しげに話しかける彼のことを、しかし準一は何も思い出せない。他のクラスメイトのことは覚えているのに…。幼なじみで精神科医の藤間未香によると、方野葉団地の女子中学生が、やはり記憶のねじれを実感しているという。準一は記憶の改ざんが悪意ではなく、善意によって行われることもあることを知る。他者を傷つけるより他者の痛みを気遣おうとする人々を描いた。団地の記憶の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

23

未指定

19

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

小路幸也「残される者たちへ」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください