戸隠秘宝の砦(第3部)

小学館文庫

千野隆司

2012年4月30日

小学館

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

秀吉が遺した百万両の財宝の手がかりを、敦賀の気比神宮まで捜しに行った近忠だったが、手がかりとなる図面は高嶋屋五郎左衛門に、財宝を開ける際に必要な宝刀は鼠小僧次郎吉に奪われてしまった。高嶋屋や小浜藩の内藤主殿が戸隠に向かったのを知り、近忠も仲間と後を追う。道中、舟で渡ろうとした一行の行く手に敵が現れ、お絲を攫っていった。仲間の中に内通者がいたのだ。戸隠の里に住む次郎吉は、近忠を亡き者にしても、財宝を奪おうとしていた。三つ巴の戦いはどう決着するのか。近忠は秘宝を手に入れることができるのか?新・伝奇小説、ここに堂々完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください