神様のカルテ(2)

夏川 草介

2013年1月31日

小学館

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

栗原一止は、夏目漱石を敬愛する信州の内科医だ。「二十四時間、三百六十五日対応」を掲げる本庄病院で連日連夜不眠不休の診療を続けている。四月、東京の大病院から新任の医師・進藤辰也がやってくる。一止と信濃大学の同級生だった進藤は、かつて“医学部の良心”と呼ばれたほどの男である。だが着任後の進藤に、病棟内で信じがたい悪評が立つ。失意する一止をさらなる試練が襲う。副部長先生の突然の発病ーこの病院で、再び奇蹟は起きるのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(23

starstarstarstar
star
4.29

読みたい

30

未読

26

読書中

1

既読

240

未指定

193

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

夏川草介「神様のカルテ2」

--
0
2019年12月19日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください