史上最強の内閣

室積 光

2013年3月31日

小学館

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

北朝鮮が、日本に向けた中距離弾道ミサイルに燃料注入を開始した。中身は核なのか。支持率低迷と経済問題で打つ手なしの自由民権党の浅尾総理は、国家的な有事を前に京都に隠されていた「本物の内閣」に政権を譲ることを決意した。指名された影の内閣は、京都の公家出身の首相を筆頭に、温室育ちの世襲議員たちでは太刀打ちできない国家の危機を予測し、密かに準備されていた強面の「ナショナルチーム」だった。果たして、その実力は?-。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(17

starstarstar
star
3.59

読みたい

12

未読

12

読書中

1

既読

107

未指定

94

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

室積光「史上最強の内閣」

--
0
2019年12月26日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください