かすてぃら

さだ まさし

2013年6月30日

小学館

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

年末の全国コンサートツアーの間隙を縫って病床の父を見舞う日々。その脳裏に甦る、昭和三十年代、復興から笑顔が戻った長崎、十二歳でひとり上京した下町の人間模様ー。カステラの香りとバイオリンの調べに包まれた記憶の中心には、報われず、辛酸を舐め続けても底抜けの明るさで乗り切っていく、身勝手で傍迷惑で、それでも皆から愛された破天荒な父と、振り回され続けた家族の姿があった。シンガーソングライターとして作家として、家族の風景、時間と季節の移ろい、いのちの煌めきをテーマに珠玉の名作を紡ぎ続けるさだまさしが父に捧ぐ、初の自伝的実名小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.17

読みたい

3

未読

3

読書中

0

既読

16

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

AmbitiousVille

さだまさしの実父の話

starstarstar
star
3.9 2018年06月23日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください