幻惑の城

欲望と恋のめぐり番外編

パレット文庫

刑部真芯 / 夏希碧

2002年6月1日

小学館

513円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

戦国時代から営々と続く名家、英家の子息英絹と、その英家に代々仕えてきた若狭の家に生まれ育った若狭あき。二人は同じ高校に通う15歳。ある夏の軽井沢の別荘に二人を迎えたのは、元伯爵桐原家の子息桐原紫苑だった。その別荘に入るや、美しい白いドレスの女性を目にした絹は、その夜、姿の見えない得体のしれない醜悪なものに襲われた。そして、毎夜亡き祖母薔子の何かを訴えるような夢に悩まされている紫苑。そのために紫苑の友人森村昂と共に別荘に滞在している惣領あずみによって、降霊会が執り行われることになったが…。霧に包まれた別荘で、絹の身に降りかかる異様な怨念とは…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください