東京少年王(秘密の聖堂)

パレット文庫

七海花音

2004年11月30日

小学館

544円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

東京生まれの武田凛太郎は、誰からも愛される、庶民育ちの高校一年生。しかし実は、英国伯爵の血を引く、旧華族である早乙女グループの跡継ぎとわかった!それから、凛太郎の生活は激変した。まずは上流階級の子息が通う『英皇学院』への編入。そこは、イギリスの教育理念を取り入れた、規律の厳しいクリスチャン・スクールだった。二学期が始まり、『大天使祭』が開かれることになったが、その聖堂で、学院の宝であるマリア像が忽然と消えてしまう。凛太郎は、最上級生である小笠原貴文ー通称キングーに目を付けられ、窮地に立たされる。そして『大天使祭』は中止となりかけるが…。上流階級の御曹司を相手に、凛太郎が次々と感動の奇跡を起こしてゆく…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください