愛憎の罠

普侯殺害事件

小学館キャンバス文庫

秋津透

1995年1月31日

小学館

501円(税込)

ライトノベル

範王国が誇る不敗の天才軍師、普侯ジャネットには、哀しい過去がある。7年前、12歳の少女時代に、ジャネットは、敬愛する兄・ジュリアスを、何者かの手によって、殺害されているのだ。-そう、それは7年前の秋、王都の学院の秋期試験の直後だった。彼女は、ひどいかぜをひいていた。ふらふらの状態の時に、カテリーナの父親である北鎮侯・ローレンスから、呼び出しがあったのだ。高熱をおして、ローレンスのもとへと参上したジャネットを待っていたのは、兄が事故にあったというものだったのだが-。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください