キミとは致命的なズレがある

ガガガ文庫

赤月 カケヤ / 晩杯 あきら(Frontier Aj

2011年5月18日

小学館

649円(税込)

ライトノベル

海里克也は保健室で目を覚ました。なぜここにいるのか?保健医の鏡司によると、階段で転んで気を失っていたらしい。…覚えていない。十歳のとき、大きな事故で両親と記憶を失ってしまった克也には、ここ数年の記憶しかない。また記憶が消えてしまったのだろうか。「見えないモノが見えてないか?」そんな司の問い掛けにドキリとする。-自販機の陰から伸びる少女の姿態ー突如現れ克也を責める不幸の手紙ー少女の死の映像と命を狩る指の感触。これは幻覚?それともー?第5回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.17

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

9

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください