されど罪人は竜と踊る(16)

永劫を夢見るままに

ガガガ文庫

浅井 ラボ / ざいん

2015年2月18日

小学館

916円(税込)

ライトノベル

悲運のアラヤ王女が知る“宙界の瞳”の秘密を求め、デナーリオからハオル王家の護衛依頼を受けたガユスとギギナ。裏切り者を抱えたまま、一団を乗せた船は、座礁した豪華客船が迷宮となった“船島”に到着。ここでハオル王家と龍皇国による、国土奪還のための会談が開始される…。革命政府の将軍派はルフグルと黒槍部隊が参戦。大師派代理のガングドラムは奥の手を投入。反逆の翼将であるアザルリは、無敵の次元咒式を引っさげて“宙界の瞳”を狙ってくる。謀略と超咒式の嵐が吹き荒れる迷宮で、最後に立つのは誰か?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star
0.3

読みたい

15

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください