写楽閉じた国の幻(下巻)

新潮文庫

島田荘司

2013年1月29日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

謎の浮世絵師・写楽の正体を追う佐藤貞三は、ある仮説にたどり着く。それは「写楽探し」の常識を根底から覆すものだった…。田沼意次の開放政策と喜多川歌麿の激怒。オランダ人の墓石。東洲斎写楽という号の意味。すべての欠片が揃うとき、世界を、歴史を騙した「天才画家」の真実が白日の下に晒されるー。推理と論理によって現実を超克した、空前絶後の小説。写楽、証明終了。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.47

読みたい

10

未読

8

読書中

2

既読

42

未指定

51

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください