いつかたこぶねになる日

新潮文庫

小津 夜景

2023年10月30日

新潮社

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

世界を愛することと、世界から解放されることー詩はこのふたつの矛盾した願いを叶えてくれる。南仏・ニース在住の俳人である著者は、海を空を眺めながら古今東西の先人たちの詩を日々の暮らしに織り交ぜて、新たなイメージの扉をしなやかにひらく…。杜甫、白居易、夏目漱石、徐志摩らの漢詩を優しく手繰り寄せて翻訳し、いつもの風景にあざやかな色彩を与える、全31編のエッセイ集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

8

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください