金閣寺

新潮文庫 みー3-8 新潮文庫

三島 由紀夫

2003年5月31日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1950年7月1日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世人の耳目を驚かせた。この事件の陰に潜められた若い学僧の悩みーハンディを背負った宿命の子の、生への消しがたい呪いと、それゆえに金閣の美の魔力に魂を奪われ、ついには幻想と心中するにいたった悲劇…。31歳の鬼才三島が全青春の決算として告白体の名文に綴った不朽の金字塔。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(43

starstarstar
star
3.89

読みたい

62

未読

75

読書中

14

既読

316

未指定

357

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

三島由紀夫「金閣寺」

--
0
2019年12月25日

みんなのレビュー (3)

tobsapp

美の認識

starstarstarstar 4.0 2021年01月26日

何であんな事を言ったのだろうと後悔する事があった。あの時はまだ若かったからと結論付けて納得していたものが、この本の登場人物である柏木の言を読み、自分がその時どういう感情が湧き上がって言ったのか論理的に理解出来た。 実際の事件をモチーフにしているが本当の犯人はここまで美に囚われてはいなかったでしょう。

全部を表示

Readeeユーザー

耽美と変態は紙一重

starstarstar
star
3.9 2020年12月26日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

(無題)

-- 2020年10月06日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください