美しい星

新潮文庫 みー3-13 新潮文庫

三島 由紀夫

1967年11月1日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(23

starstarstar
star
3.37

読みたい

36

未読

39

読書中

17

既読

134

未指定

146

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (5)

Julien Sorel

記録

starstarstarstar 4.0 2022年12月11日

邪悪な魂を持ち、人類滅亡こそが救いだと唱える羽黒一派との対決は鬼気迫るものがあります。人類の罪を痛烈に非難しながらも、愛おしい存在であると訴えています。 重一郎の存在は日本の美徳を愛し、憂い、国民に決起を呼びかけ、遂には自害した三島自身を投影していると思います。 三島の魂も肉体の牢獄から解放され、火星に帰っていることを祈ります。

全部を表示

Readeeユーザー

理解不能

starstar
star
2.6 2022年04月10日

文学Bで読みました。人類、核、批判に満ちている。

全部を表示

Readeeユーザー

理解不能

starstar
star
2.6 2022年04月10日

文学Bで読みました。人類、核、批判に満ちている。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

star
star
1.3 2021年04月03日

Readeeユーザー

理解不能

starstar
star
2.6 2018年02月14日

文学Bで読みました。人類、核、批判に満ちている。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください