午後の恐竜

新潮文庫 新潮文庫

星 新一

2005年2月28日

新潮社

539円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

現代社会に突然出現した巨大な恐竜の群れ。蜃気楼か?集団幻覚か?それとも立体テレビの放映でも始まったのか?-地球の運命をシニカルに描く表題作。ティーチング・マシンになった教育ママ、体中に極彩色の模様ができた前衛芸術家、核爆弾になった大臣ー偏執と狂気の世界をユーモラスに描く『狂的体質』。ほかに、『戦う人』『契約時代』『理想的販売法』『幸運のベル』など全11編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.7

読みたい

9

未読

9

読書中

2

既読

59

未指定

81

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

本読むマン

(無題)

starstarstar
star
3.7 2021年02月02日

とにかく発想力が凄くてどの話にも引き込まれてしまうような魅力がある。 オチがしっかりしているものもあればそうでないものもあり、風刺の効いたものもあれば、未来社会への警告をしているものもある。 ユニークな話が多く、私はとても好きです。

全部を表示

DOHFLAMINGO

午後の恐竜改版

starstarstarstar 4.0 2020年06月11日

これこれ子どもの頃に読み漁った懐かしい筆致! 表題作「午後の恐竜」はこのままCG駆使してハリウッド映画が撮れそうな完成度で、ほのぼのした風景が突如として想像だにできない映像の時限爆弾に豹変してしまう私の一推しです

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください