無人島に生きる十六人

新潮文庫 新潮文庫

須川邦彦

2003年7月31日

新潮社

572円(税込)

小説・エッセイ / 旅行・留学・アウトドア / 人文・思想・社会 / 文庫

大嵐で船が難破し、僕らは無人島に流れついた!明治31年、帆船・龍睡丸は太平洋上で座礁し、脱出した16人を乗せたボートは、珊瑚礁のちっちゃな島に漂着した。飲み水や火の確保、見張り櫓や海亀牧場作り、海鳥やあざらしとの交流など、助け合い、日々工夫する日本男児たちは、再び祖国の土を踏むことができるのだろうか?名作『十五少年漂流記』に勝る、感動の冒険実話。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(25

starstarstar
star
3.85

読みたい

26

未読

27

読書中

4

既読

137

未指定

117

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ドラプン

(無題)

starstarstarstar 4.0 2024年02月16日

・無人島生活の中でも明るく前向きに生きる様に感銘する ・実はであることがリアルさを増す ・誰一人死なないのがよい

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください