霧の旗

新潮文庫 まー1-20 新潮文庫

松本 清張

2003年9月30日

新潮社

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

殺人容疑で捕えられ、死刑の判決を受けた兄の無罪を信じて、柳田桐子は九州から上京した。彼女は高名な弁護士大塚欽三に調査を懇願するが、すげなく断わられる。兄は汚名を着たまま獄死し、桐子の大塚弁護士に対する執拗な復讐が始まる…。それぞれに影の部分を持ち、孤絶化した状況に生きる現代人にとって、法と裁判制度は何か?を問い、その限界を鋭く指摘した野心作である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.87

読みたい

3

未読

1

読書中

0

既読

29

未指定

27

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください