新潮文庫 あー4-2 新潮文庫

安部 公房

1993年2月28日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ある朝、突然自分の名前を喪失してしまった男。以来彼は慣習に塗り固められた現実での存在権を失った。自らの帰属すべき場所を持たぬ彼の眼には、現実が奇怪な不条理の塊とうつる。他人との接触に支障を来たし、マネキン人形やラクダに奇妙な愛情を抱く。そして…。独特の寓意とユーモアで、孤独な人間の実存的体験を描き、その底に価値逆転の方向を探った芥川賞受賞の野心作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(16

starstarstar
star
3.32

読みたい

32

未読

38

読書中

3

既読

121

未指定

146

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

壁 バベルの塔

starstarstarstar 4.0 2022年01月15日

バベルの塔の狸 途中 227pまで

全部を表示

麻婆豆腐

読み慣れたあたりで完読してもうた

starstarstar
star
3.2 2022年01月05日

Readeeユーザー

(無題)

-- 2020年06月26日

奇妙過ぎる 全てが初めて食べた料理の香辛料が舌に残った感じでしっくりこない

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください