第四間氷期

新潮文庫 新潮文庫

安部 公房

2012年5月31日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

現在にとって未来とは何か?文明の行きつく先にあらわれる未来は天国か地獄か?万能の電子頭脳に平凡な中年男の未来を予言させようとしたことに端を発して事態は急転直下、つぎつぎと意外な方向へ展開してゆき、やがて機械は人類の苛酷な未来を語りだすのであった…。薔薇色の未来を盲信して現在に安住しているものを痛烈に告発し、衝撃へと投げやる異色のSF長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.77

読みたい

6

未読

12

読書中

1

既読

53

未指定

78

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

安部公房「第四間氷期」

--
0
2019年12月04日

みんなのレビュー (1)

Julien Sorel

2022/11/05読了

starstarstarstar
star
4.4 2022年12月04日

希望でも絶望でもない未来。 安部公房は一貫してしっかりとした論拠をもって現代社会への警鐘や逃避をテーマにしてきましたが、SF作品への挑戦は自然な流れのように思えます。 他の作品同様に、鋭い視点と論理的な指摘、そしてたっぷりのユーモア。紛れもない安部文学であり、大いに楽しませて頂きました。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください