燃えつきた地図

新潮文庫 あー4-14 新潮文庫

安部 公房

1980年1月29日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 旅行・留学・アウトドア / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.63

読みたい

7

未読

16

読書中

4

既読

42

未指定

47

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Julien Sorel

記録

starstarstarstar 4.0 2022年12月05日

安部文学には珍しいミステリー調のストーリー。疾走の依頼の調査が思いもよらないような複雑な展開に… こういうのも悪くない!めちゃくちゃ面白い…と思いきや、やはり最後はしっかり安部ワールドに。 人が何故社会から逃避するのか?失踪者を調査しながら自らも失踪者に同化していく。安部公房は一貫して現代社会からの逃避や自己の喪失をテーマとしているが、今回は自らの意志での逃避ではなく、見えない因果の渦に巻き込まれ逃避者と化していくパターン。壮大な布石からの宿命的なクライマックス。超現実でありながらストーリーがしっかりしていて読み応えがあります。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください